東京藝術大学COI

“ハイカラ展” 覚醒するジャポニズム

ボストン美術館スポルディング・コレクション

4.25(土)- 5.13(水) 場所:東京藝術大学大学美術館・陳列館
10:00 - 17:00(入館は16:30 まで)|休館日:月曜日(5.4は開館)|観覧料:無料

展覧会情報

概要

 芸術は、いつの時代にも人々の暮らしに「感動」を与えてきました。科学技術が高度に発展した現代には、現代人の感性を揺さぶる「感動」があるはずです。本プログラムは、東京藝術大学COI 拠点による研究成果の一環として実施いたします。東京藝術大学が培ってきた美術・音楽・映像に身体表現を加えた芸術表現と最先端科学技術を融合させ、芸術と科学技術の連携によるジャポニズムをテーマとした研究成果の発表です。

<スポルディング・コレクション>
 ボストンの大富豪、ウィリアム・スチュアートとジョン・テイラー・スポルディング兄弟が1921 年にボストン美術館に寄贈した約6500 枚の上質な浮世絵版画は、寄贈の際、同美術館の外に出すことはもとより、公開展示を禁止するという条件が付けられ、その条件のもとで今日まで80 年以上にわたり保存されています。本展覧会では、世界の浮世絵コレクションの中で最も無傷で美しい色鮮やかな浮世絵が集まった同コレクションの高精細データをもとに、東京藝術大学の特許技術を活用した高精細な複製や4K 映像表現作品を展示します。

info

ハイカラ- 覚醒するジャポニズム- ボストン美術館スポルディング・コレクション
会 期 : 2015 年4 月25 日(土)- 5 月13 日(水) | 10:00 - 17:00(入場は16:30 まで)
休館日 : 月曜日(5 月4 日は開館)
会 場 : 東京藝術大学大学美術館・陳列館1 階および2 階
観覧料 : 無料
お問い合わせ : innovation@ml.geidai.ac.jp
主催 : 東京藝術大学COI 拠点 「感動」を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション

作品紹介

「うつし」(高精細複製)
葛飾北斎『冨嶽三十六景』 神奈川沖浪裏

世界で最も有名な日本の絵画と言われている一点です。冨嶽三十六景シリーズ46作品のうちの一点「神奈川沖浪裏」。神奈川県の沖ではなく東海道53次の「神奈川宿」の沖から臨んだ富士山を描いた浮世絵です。

拡大して見る浮世絵

超高精細に記録された浮世絵を500%に拡大し展示しています。本来の大きさでは気づかないような細部の様子や、質感等をご覧いただけます。

The COI Site, Tokyo University of the Arts

About
- about us
- aims
- board members
- themes
Information
- topics
Outcomes
- outcomes
LAB.place
- Outline of the facility
Contact us
- contact
- links
- access

Copyright © Tokyo university of the Arts All rights reserved.