2016.02.01

オランダ芸術科学保存協会(NICAS)との
連携を開始しました

平成28年2月1日、東京藝術大学とオランダ芸術科学保存協会(NICAS)は、教育および国際交流(文化外交)に係る連携協定を締結しました。NICASはアムステルダム国立美術館、デルフト工科大学、マウリッツハイス美術館、ボイマンス美術館などにより構成される団体で、本拠点で精力的に取り組んでいる文化財の保存・継承・共有と、特許を活用した独自の文化財保存修復技術に高い関心を寄せています。
今後は本協定に基づき、NICAS所属の美術館所蔵作品の複製制作プロジェクトについて藝大COI拠点と協働するなど、国際的にみても価値の高い人的物的交流活動が予定されています。本拠点の目指す最終目標である、「国境を超えた芸術文化の共有」「芸術文化を通してすべての人がともに生きる社会の構築」「社会インフラとなる文化的コンテンツの実現」に向けて、大きな一歩を踏み出すこととなりました。

東京藝術大学COI「感動」を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション拠点

About
- COIについて
- 本拠点の目的
- 実施体制
- 研究テーマ
Information
- お知らせ
成果発表
- 成果発表一覧
LAB.place
- 施設概要
コンタクト
- お問い合わせ
- リンク
- アクセス

Copyright © Tokyo university of the Arts All rights reserved.