東京藝術大学COI

“「感動」を創造する芸術と科学技術による
共感覚イノベーション”とは

東京藝術大学COI拠点
「感動」を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション概要

 文部科学省と科学技術振興機構が平成25年度から開始した「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」は、現在潜在している将来社会のニーズから導き出されるあるべき社会の姿、暮らしのあり方を設定し、このビジョンを基に10年後の社会を見通した革新的な研究開発課題を特定した上で、既存の分野や組織の壁を取り払い、基礎研究段階から実用化を目指した産学連携による研究開発を行うものです。

  本プログラムでは、企業や大学単独では実現できない革新的なイノベーションを産学連携で実現するとともに、同イノベーションを創出するプラットフォームを我が国に整備することを目的としています。 東京藝術大学COI 拠点では、ビジョン2として設定された「豊かな生活環境の構築(繁栄し、尊敬される国へ)」に向けて、芸術と科学技術の異分野融合、そして教育・医療・福祉産業との連携により、物質的な豊かさのみならず、心の豊かさが溢れる社会の構築を目指しています。

東京藝術大学 産学官連携棟 Arts & Science LAB.

 本学では、「地域資源等を活用した産学連携による国際科学イノベーション拠点整備事業」として、「Arts & Science LAB.」(産学官連携棟)を上野キャンパス内に新設し、企業や大学単独では実現できない革新的なイノベーションを創出するプラットフォームづくりがスタートしました。

 さらに、文部科学省及び科学技術振興機構の呼びかけでスタートした「革新的イノベーション創出プログラム(COI)」に平成二七年度から採択され、東京藝術大学COI拠点として、芸術と科学技術の異分野融合、そして教育・医療・福祉産業との連携により、文化と心を育むコンテンツの発信と文化インフラを広く国内外に整備してことを目指していきます。
 また、同COI拠点では、「感動」を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーションをテーマに、芸術、歴史、科学分野の成果を統合した高精度な文化財複製や映像コンテンツの制作による新しい産業の創成と様々な教育体験システムの構築などの「文化を育む」研究をおこなうとともに、ロボットを活用した教育、医療、福祉への貢献と、芸術に触れる感動を障がい者から学び、すべての人達に夢をもたらす共生社会の実現を目指す「心を育む」研究をおこないます。さらに、2020年オリンピック・パラリンピックにむけて、スポーツと芸術を通して新たな「感動」を創造するコンテンツおよびプログラム策定の計画を立案するとともに、日本の多様かつ斬新な文化資源のより効果的な活用・発信方法を実践していきます。

 物質的な豊かさに増して、心の豊かさが溢れる生活環境を実現する社会の構築を目指し、日本の文化立国と共生社会の実現にむけた研究開発をおこなってまいります。

本拠点の目的

本拠点は、芸術と科学技術の融合によって次世代のインフラとなる豊かな文化的コンテンツの開発をおこない、教育産業を通した文化教育コンテンツの社会実装ならびに国際関係の構築に資する文化外交アイテムの社会実装を目指しています。

美術・音楽・映像・身体表現という五感を有する芸術表現を培ってきた東京藝術大学を中核機関とし、教育産業や情報産業に専門性を有する企業との産学連携による組織が結成されました。拠点で開発されたコンテンツやアプリケーションは、教育産業や情報産業に専門性を有する企業との協働によって広く国内外での社会実装を図っていきます。社会実装による貢献は、義務教育、高等教育、社会教育をはじめとして福祉や医療、さらに国際理解という多領域にわたって行い、芸術(感動)の力による日本の文化立国と国際的な共生社会の実現を目指しています。

社会実装を想定する主なアプリケーション・サービス

◎ 高精度な文化財の複製や移動美術館等の共感覚コンテンツを創造し、次世代の世界的な教育インフラに貢献 ◎

◎ ロボットを用いたコミュニケーションサービスを実現し、福祉、医療、観光分野に貢献 ◎

◎ 障がいと表現の国際フォーラムを実現し、2020東京オリンピック・パラリンピックでの文化プログラムに貢献 ◎

実施体制

PL(プロジェクトリーダー)

山本 耕志 機構長

(JVCケンウッド)

RL(リサーチリーダー)

宮廻 正明 副機構長

(東京藝術大学大学院美術研究科教授/社会連携センター長)

SPL(サブ・プロジェクトリーダー)

松下 功

(東京藝術大学副学長/演奏藝術センター教授)

SPL(サブ・プロジェクトリーダー)

伊東 順二

(東京藝術大学社会連携センター特任教授/副センター長)


SPL(サブ・プロジェクトリーダー)

平田オリザ

(東京藝術大学特任教授)

SPL(サブ・プロジェクトリーダー)

深井 隆

(東京藝術大学美術学部彫刻科 教授)

SRL(サブ・リサーチリーダー/シーズ・ニーズ探索統括)

荒井 経

(東京藝術大学大学院美術研究科准教授)

研究テーマ

「文化を育む」イノベージョン

文化共有研究

平 諭一郎

(東京藝術大学社会連携センター 特任准教授)

(参画機関)ベネッセ、NHKプロモーション、竹尾、朝日新聞社、小川香料

 芸術、歴史、科学分野の成果を統合した文化のDNAまで復元するクローン文化財や移動型美術館等の共感覚コンテンツを創造し、初等教育での教材化やパーソナル学習システムへの展開を見据え、モバイル端末やウェアブル端末への実装を目指します。

共感覚メディア研究

桐山 孝司

(東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻 教授)

(参画機関)情報通信研究機構、NHKエンジニアリングシステム、ヤマハ

 質感を表現した印刷技術や3D印刷技術との組み合わせにより、映像、音響、振動が連動するインタフェースを開発し、視覚、聴覚、触覚などを同時に刺激する様々な教育体験システムを構築します。

「絆を育む」イノベージョン

文化外交・アートビジネス

伊東 順二

(東京藝術大学社会連携センター 特任教授)

千住 明

(東京藝術大学社会連携センター 特任教授)

(参画機関)JVCケンウッド、NHKエンタープライズ、Makers’

 国際的に協調して研究開発を実践する体制づくりと、国際関係の構築および地方創生に資する文化外交アイテムの社会実装をおこないます。

「心を育む」イノベージョン

ロボット・パフォーミングアーツ研究

平田 オリザ

(東京藝術大学社会連携センター 特任教授)

力石 武信

(東京藝術大学社会連携センター 特任講師)

(参画機関)大阪大学、ベネッセ、ソフトバンクロボティクス

 最先端の「ロボット・パフォーミングアーツ」作品の制作と上演を行い、教育的コンテンツを開発するとともに、ロボットを配置することで町全体を演出する新たなロボット観光拠点の開発や、障がい者福祉、医療分野へ貢献します。

障がいと表現研究

新井 鷗子

(東京藝術大学社会連携センター 特任教授)

(参画機関)名古屋大学、ベネッセ、ヤマハ

 感動と脳機能の関連性を探索しながら、芸術に触れる感動を障がい者から学ぶことにより、すべての人達に夢をもたらす共生社会の実現を目指します。

2020構想

松下 功

(東京藝術大学副学長/演奏藝術センター 教授)

小川 類

(東京藝術大学社会連携センター 特任准教授)

(参画機関)東急エージェンシー、ヤマハ、名古屋大学

 2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいて、スポーツと芸術を通して新たな「感動」を創造するコンテンツおよびプログラム策定の計画を立案するとともに、日本の多様かつ斬新な文化資源のより効果的な活用・発信方法を実践します。

東京藝術大学COI「感動」を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション拠点

About
- COIについて
- 本拠点の目的
- 実施体制
- 研究テーマ
Information
- お知らせ
成果発表
- 成果発表一覧
LAB.place
- 施設概要
コンタクト
- お問い合わせ
- リンク
- アクセス

Copyright © Tokyo university of the Arts All rights reserved.