• alt text
  • alt text
  • alt text
  • alt text

開館2013.04.27

九州芸文館HP

九州芸文館

九州芸文館は、九州新幹線筑後船小屋駅前に整備された施設で、芸術文化・体験・交流などさまざまな事業を展開し、地域の振興や発展に寄与・活用される事を目的としています。設計には当センター客員教授・隈研吾氏が関わり、最先端の展示スペースと陶芸工房や図書館、カフェの機能を分棟式にもつ新世代型の展示施設としてスタートしました。また、九州の文化的多様性を表現するための環境展示計画「アートパーク」と、建築とアートのコラボレーション「アートウォール」を副センター長・伊東順二氏がプロデュースしました。九州芸文館がアジアの文化遺産を発信する拠点となることを期待しています。